セラピールームグリーンテラスタイトル

最新情報

《おしらせ》

  男の講座(仙台伊達男の会)は、6月11日(土)、 女性講座は、6月10日(金)です。


△TOP

グリーンテラス 連絡先

インテグレ-タ-
豊城 聡子(ほうじょう さとこ)

営業時間
10:00~20:00

休日
月2回 日曜日(祝日は営業しています)

住所
〒981-0952 仙台市泉区泉中央4-19-1 プラーナ泉中央602
車でお越しの方は駐車場があります。
地下鉄でお越しの方は泉中央駅下車徒歩6分

電話
022-707-4301

携帯
090-4316-3887

地図
Google mapをご覧ください。

ブログ
グリーンテラスな日記

メールアドレス
green_terrace_therapy☆yahoo.co.jp
※メールはお手数ですが、☆を@に変えてお送り下さい

治療対象
不安感 劣等感 うつ病 リストカット 職場内での対人関係 仕事上でのストレス
摂食障害(拒食・過食) 睡眠障害 恐怖障害(対人・視線・広場) PTSD パニック障害  双極性障害 不登校 いじめ 家庭内暴力 家族問題(夫婦・親子) 子育て相談 ひきこもり 境界性人格障害  依存症 病気や事故での悩み 自己啓発 他

△TOP

プロフィール

<私のプロフィール>

人間は何のために生きているの?そもそも生きる意味とは何?
そんな問いかけが私の中でずっとあったのですが答えは中々みつかりませんでした。
つまり自分という存在が何者なのか判らなかったのです。
これが後にアイデンティティーの問いかけだと知りました。
問いかければどうしても答えが欲しいのが人間で、それを探し続けてやっと精神分析に
辿りつきました。そしてジャック・ラカンが教えてくれました。

人はどうしても人と比較をするものです。
人の容姿、人の幸・不幸、人の持っている物、学歴、性格などと見比べて
あの人より私の方が・・・と自分の存在価値が上がったり下がったりします。
つまり自分より幸せな人と比べると自分は不幸となり、自分より不幸な人と比べれば幸せだとなります。

しかしどこにも絶対的な価値は存在しません。
比較することによって意味が生まれるだけで、そして対象によって意味が変貌するだけでした。
これに疲れ果ててしまいました。
そして生きている意味はないと落ち込みました。
これがラカンのいう「意味の病い」だと知りました。

自分が何者なのか、自分の存在価値は他者との評価の中から生まれてくるものではない。
人と比べること自体が無意味だと分かりました。
生きている意味がないからこそ人と比べるのが人間であるということも。
ラカンは言います、「自分を規定するのは他者ではなく自分である」と。
自己規定、つまり「私は〇〇だ」と語れること。
自分の価値は自分で決めるということ。

自分の生き辛さは、親、環境、学校、社会のせいではない、ましてや自分が悪いから、劣っているからでもなかった。
私はただ無知なだけだった、ということがセラピーや分析理論を学んで知りました。
こうして私の運命を作るのは他の誰でもない私の意志!だったんだと分かりとても楽になりました。
そして私は自己規定をして分析家(インテグレーター)になりました。

                 インテグレーター 豊城 聡子(ほうじょう さとこ)

インテグレーターとは、師、大沢秀行氏が命名した分析者の名称です。
インテグレーターは、無意識界におけるさまざまなコンプレックスを意識化し、
自己に統合(integrate)していく援助者であり、分析者であり、導き手という意味で「統合する人」という役割の呼称として定義したものです。

△TOP

精神分析

対話療法です。(セラピーと呼びます)

これは、分析者(インテグレーター)と被分析者(クライアント)が一対一で、言葉による対話によって無意識を意識化し、コンプレックスを解消する療法です。
暗示も催眠も用いず、単に言葉のみによる、洞察的気づき療法です。


私たちの心の構造的基本には無意識という心があり、それに光を当てていい表せるようにすることを意識化といいます。
心の中には意識と無意識があります。
つまり、精神分析は無意識の領域に光を当てていくことなのです。
無意識の中にあることは、いつまでたっても、同じ状態でそこにあり、コントロールすることは不可能ですが、ひとたびそこに意識の光を当てると意識化された無意識は、すでに無意識ではありませんから、コントロールすることも可能になってきます。
実際に臨床場面では多くの「症状」や「悩み」が分析することで≪本当の原因≫を知ることによって解消されます。

又、実は、精神分析は「症状」や「悩み」がない人にもお勧めしたいものです。
なぜなら精神分析は、自分を知る上で大変役に立つからです。
私たちは自分のことは知っているようで案外と知らないものです。
「本当の自分らしさ」とか「自分のもっている可能性」など、知らないことだらけだと言っていいかもしれません。

ゆえに、精神分析は「自己探求の旅であり、自己実現のドラマであり、自己の感性への道程」なのです。
自分を少しでも知ることが、どんなにか人生に有意義であるか気づいていきます。
精神分析は、分析者と被分析者との心の奥深い部分での共同作業ですから、なによりも信頼関係を大切にしています。
分析者は、被分析者の「言葉と心の声に傾聴」することでそこに「理解」と「共感」による心の交流が生まれます。

当セラピールームは、フロイト、ラカンの精神分析理論を中心に行っています。
この理論をもとに、一人でも多くの方が自分の価値を知り、自分らしくそして輝いて生きていって頂きたいと願っています。

△TOP

料金と概要

<契約治療です>

セラピィーは、直接対面による対話を原則とし、そのための「時間」、「場所」、「料金」が設定され、そこに「治療目標」が決められ、それが達成されるまでが、治療期間となり、セラピィーは任意の日時に予約され、月1回以上の面談を継続して行われることを、互いに約束する、信頼のうえに成り立つ治療法です。

<予約とキャンセル>

一回45~55分とし、これを1セッションといいます。
日時は完全予約制とし変更の場合は一週間前を原則とし、前々日、前日及び当日のキャンセルは、無断欠席同様「キャンセル扱い」となります。
ただし本人の病気、事故等やむを得ざる理由がある場合は考慮されます。
予約変更は、一週間以内及び同月内に決めた場合を言い、それ以外はキャンセル
となります。

<料金>

一回のセラピィーは45~55分を単位として設定され、分析料10,000円となります。
尚、初回のセラピィーは診断を含めて75分とし、基本分析料10,000円+50%割増分で15,000円となります。
キャンセル」の場合は、前々日は50%、前日は料金の70%を、当日は100%を負担頂きます。
「出張セラピィー」も出来ます。別途交通費をご負担願います。

<秘密の厳守>

被分析者のプライベートに関わる事、他言されたくない秘密は、守秘します。

<特別セラピィー>

電話によるセラピィー
遠方や、直接対話が何らかの事情で不可能な場合、電話によるセラピィーを行うこともできます。

(時間)
アポイント予約制です。
一回の時間は45~55分を一単位とし、直接面談と同様に1セッションとなります。

(料金)
基本分析料と同じですが、別途通信料をご負担願います。

メールセラピー

直接の対話や電話では・・・という方は、メールもお受けいたします。
(料金)
一メール2,000円となります。
相談内容をメールして頂き、事前にお振込み頂いたことを確認の上で
返信させて頂きます。


<予備面談(初回のみ)>

まずは、精神分析の説明を受けたい場合、悩みや症状が分析で治療できるかどうか確認したい、などのご要望を相談という形でお受けする事もできます。

相談は45~55分、料金は5,000円です。
お電話でご予約下さい。

△TOP

講座

<心理学基礎講座>

精神分析を深く学んでみたいという方の為の講座です。


カリキュラム

〇Ⅰ期(30回)
・自己を表現する
・自我論
・自己愛論
・精神発達論
・無意識論
・性格論
・自己防衛
・交流分析

〇Ⅱ期(32回)
・病理(不安神経症、恐怖症、強迫神経症、抑うつ神経症、心気・心身症、   
  躁うつ病、依存症、アイデンティティ障害、人格障害など)
・心理テスト
・ライフサイクル
・夫婦の共謀
・家族


  計62時間 テキスト3冊(一冊5,000円)

一講座 10,000円/1時間 

 
<やさしく、たのしい心理学講座>

心と身体の発達と構造を「発達理論」をベースにして、

胎児の世界から生命の終わりまでをわかりやすく解説していきます。

性格はどのようにして作られていくのか、病気にどうしてなるのか・・・

家族システムとは、、、夫婦関係の役割・・・など。

学びながら、自分を振り返り、気付いていくことが多く

そして日々の生活に役立ちます。

自分の中に新しい視点で物事をみていける世界が開けます。

テキスト内容
《自己を知る》
自分を知ることが問題解決の早道です。
《心の発達》
体に発達があるように、心にも発達段階があります。
《家族》
家族それぞれに役割があります。
《心とからだ》
心と体は密接な関係があります。病は心から。
《性格をかえる》
自分の性格を知り、運命を変えることができます。

 1講座は約1時間/受講料5,000円
 テキスト代/1,000円
<参 考> 
精神分析が教えてくれること
現在はセラピールームグリーンテラスで行なっています。
遠方の方とはスカイプでの講座もしております。
ご希望があれば、出張講座も出来ます。
講座を学んで

△TOP

男の講座(仙台伊達男の会)

女性には、母性が生まれつき備わっていると、一般的に思われがちですが、
そうではなく、生まれてからの母の養育によって、獲得をしていきます。

とすれば、男性も同じ様に、父性は父をモデルにして取り入れていきます。
ですが、父に父性がなければ、何も取り入れることはできません。

父とは、家族という集団を統合する中心人物です。
そこに必要なのは権威ですが、昨今、父の権威はどこにも見られません。

お母さんは、あんなお父さんのようにはならないでね、と子供に語り、
出張でいないと、お母さんの機嫌がよくて美味しい物を食べられる。
財布の紐も、もちろんお母さんが握っているし、
お父さんが、お母さんにお小遣いをもらうのも知っています。
お父さんは、子供のことを、ほぼ妻に任せっきりで何も関与しない、
休日に、家族で出かけた時は、ただの運転手ではないでしょうか?
これでは父の権威どころか、父の存在そのものがありません。

母の役割は、「世話」することであり、父の役割は、「教育」することです。
子供は最初、母しか必要がない時代があり、
母と自分が二者統合体だと思っています。
エディプス期(4~7才)に入り、やっと父の存在を意識するようになり、
ここからが、お父さんの出番になります。

子供は、なんでも知りたがり、聞いてきます。
どうしてこうなってんの? これはどういうこと? なんで?
にお父さんは答え、分かりやすく教えます。
そうするとお父さんはなんでも知っている、凄いなーと尊敬します。

教育は、ここでは勉強のことを言っているのではありません。
社会・道徳・倫理・常識などを、指導する役割という意味です。
ですから、父が、子供に言葉で語って聞かせなければ、子供は何も学びません。

宿題したのか、早く寝なさい、ゲームばかりしているんじゃない、等だけでは
子供にとって父は、ただうるさいだけの居なければいい人、になってしまいます。
まして、体罰や暴力で、言う事を聞かせることは、
後に家庭内暴力や非行などに繋がっていきます。

父は、子供と一緒に遊び、どんな事を語り、どのような姿を子供に見せたかが大切です。
お父さんは、家庭に居場所はありますか?
お子さんや奥さんから、嫌われていませんか?

父=社会の象徴です。
引きこもりや不登校は、社会からの撤退を意味しています。
お父さんの存在意義が日本を救います。

DSC_0012.jpg

男の道(タオ)を磨く講座です。

講師は、埼玉より
LAKAN精神科学研究所 主宰 蘇廻 成輪(そねせいりん)氏を
お迎えして開講しています。

あらゆる質問に、的確明快に、すぐに実践に役立つようにお答えします。
男性であれば年齢に関係なくどなたでも参加出来ます。

毎月第二土曜日に開講しています。

受講料は15000円/二時間

2016年5月14日(土) 9時半~11時半 

ブログ~父の権威

参加者の声

男は前へ前へ!

△TOP

始源回帰セラピー 「PRT」 Primitive Retrogression Therapy

誰もが母から生まれてきます、この最初に出会った母との関係がベースとなり

後の人間関係を築いていきます。

母の原点は「温もり」です、この温もりを十分に母から頂き、それを心的エネルギーとして

蓄えて生涯を生きていきます。

このエネルギーは皮膚にも刻印されます、あえて言葉にすれば

 温 ~ 温もり

 圧 ~ 抱きしめる・包む

 音 ~ 心音

この3つが揃って母と子の信頼関係が形成され、この信頼は不変に子供の心に定着します。

故に他者との良好な人間関係を作ることが出来ます。

多くの人は自分に自信がない、人を信頼できないと言います、それはそもそもの始めに

母との信頼関係に障害があったことになります。

この障害はコンプレックスやトラウマとなり、後に様々な心と体の悩みや病を作ります。

「PRT」は退行により「温・圧・音」を取戻し、幼少期に形成されたコンプレックスや

トラウマを根本から解消します。

《所要時間》

 約2時間 (治療内容により時間は前後します)

《治療の流れ》

 1.分析(20分) 

  クライアントの語りからその無意識を分析し気づきをもたらします。

 2.退行セラピー(80分)

  退行へのアプローチをとり「温・圧・音」の3つの要素を同時に満たします。

 3.リハビリテーション・現実復帰(20分) 

《料金》

 6万5千円  *分析者1名とクライアントを包み込むアシスタントセラピスト2名、

        計3名のチームで行います。 

《相談内容》

 ・トラウマ、コンプレックスの悩み

 ・心の不安、辛さ、苦しさ、体の不調

 ・引きこもり、不登校

 ・うつ

ブログもご覧下さい。

至福の館 (関東でセラピーをご希望の方)

△TOP

子育てママのためのセラピー

人間の健全な精神の成長には母親との濃厚なスキンシップと温かいまなざし、
そしてやさしい言葉(声)が必須アイテムです。少なくとも3歳ぐらいまでは。

しかし私達の現実は3つの内1つさえも満足するほど与えてもらったか(与えたか)...
大人になった今はどれも今更求めることすら出来ませんから、意識しても
いません。

母親になった時始めてその萌芽が現われます。
どうしても我が子に自分の子供時代を重ねてしまいます。
これが育児(=育自)の本質です。

自分が自分の母に求めても得られなかった分(反面教師)、
我が子には愛情を注ぐ(過剰は溺愛になります)、
しかし大半は(反面教師としたいと思ってはいるが)
自分が育てられたようにしか育てることは出来ないのが実状です。
何故か? それは自分が貰っていないから与えることは出来ないのです。
無から有はうみだせないのです。

こうして育児は自分を見る(知る)辛い作業になっていきます。
さほど葛藤もなくなんとか育てたと思っていたころ、
突然学校へ行かなくなったり、会社を辞めて引きこもったり・・・
何が原因?と途方にくれます。


グリーンテラスでは、「精神発達論」をもとに、精神分析的な側面から
子育てセラピー(オールOK子育て法)を行います。
子供にとっては、3~4歳ぐらいまでがもっとも大切な時期です。
精神の基礎がほぼ確立され、その後の人生に大きく影響していきます。
ですが、ほとんどの方がそれを知らずに子育てをしています。

成長し、不登校や引きこもり、又は精神的に病んでいるお子さんを持つ
親御さんにも社会的自立や精神的自律にむけて「育て直し」をして
頂いています。お互い歳をとってもう遅過ぎた・・・ということはありません。
基本である母と子の関係が良好になればいろんなことが改善されていきます。

**参考まで(グリーンテラスな日記より)**
独占する
赤ちゃんの要求
まなざし
親は保護者になっている?
人生の創造
コミュニケーションは家庭で学ぶ
自律性(成長)
心の痛みをわかってほしい(リストカット)
不登校、引きこもりは育て直しの要求
人見知りと抱き癖が必要です


外出が困難なお母さんには、自宅にいてお子さんと一緒に
セラピーが出来るようにもしています。

セラピー料金(45~55分)        10,000円
出張費(仙台市近郊まで出向きます)  3,000円
電話やスカイプでのセラピーもできます。
一度お問い合わせ下さい。

ブログ~「誰のせいでもないから」

△TOP

Google map

<地図>

仙台市泉区泉中央4-19-1
プラーナ泉中央602

Google map を操作してご確認下さい。矢印操作で拡大縮小できます。^^


大きな地図で見る

△TOP

リンク集

英語教室ABCkids


【カウンセリング.COM】

カウンセリングナビ

Relieved Heart ~心の癒し~

カウンセリングルーム・メンタル系サイト検索『こころのWeb.com』

カウンセリングルームサーチ

自殺防止イエローページ

△TOP

Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で 分析家ネットワーク を表示

 大沢秀行氏(インテグレーター名:蘇廻 成輪)の精神分析を受け、インテグレーター(分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

Copyright (C) therapy room green terrace All rights reserved.
Powered by Movable Type 6.2.5